全商品一覧を見る

内容を見る

 

お知らせ

お知らせです。

掲示板詳細
タイトル <対象> 人間関係、夫婦関係、異性関係に葛藤を感じ困難を覚える方
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-05-27
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 1
  • 評点 0点

 


 

人間関係の葛藤、夫婦関係の葛藤、異性関係の葛藤により多くの困難を訴えている方がたくさんいます。このような方たちは人間関係において心と心理の作用原理について知り、これを人間関係に適用すると、葛藤がなくなり幸福な人間関係を築くことができるようになります。

 

・人間関係の葛藤

・夫婦関係の葛藤

・異性関係の葛藤

 

では一つずつ見ていきましょう。

 

<人間関係の葛藤>


周りの人間関係を見ますと、両親、兄弟姉妹、夫または妻、子供、友達、恋人(彼氏)、職場の上司または同僚、その他の対人関係など多様な人間関係が存在します。この人間関係において葛藤が発生すると、激しいストレスを誘発して、苦しくつらい心が形成されて、困難を感じるようになります。特に、女性の場合は、活動的な男性とは全く異なる心を持っているため、人間関係の葛藤によって多くの傷を負い、心の傷が深まっていきます。

・ (·)との葛藤で苦しむ場合
・ 
兄弟姉妹との葛藤で苦しむ場合
・ 
友達との葛藤で苦しむ場合
・ 
(彼氏)との葛藤で苦しむ場合
・ 
職場の上司または同僚などとの葛藤で苦しむ場合
・ 
子供との葛藤で苦しむ場合
・ 
係での葛藤で苦しむ場合
・ 
係に恐怖感を抱いている場合

他にも様々な人間関係において葛藤を経験している方はたくさんいます。

このような葛藤を経験している場合の多くは、強いストレスによって心の傷が深まっています。それで、葛藤からくるストレスを解消のために気分転換をすることで、その都度問題を解決しようとしています。

 

しかし、葛藤が続く場合は、葛藤を感じる度に気分転換が必要になりますが、気分転換ができないと大変苦しくなり、心の傷が発生します。つまり、葛藤がある時は、気分転換によって難なくヒーリングはできますが、根本的な葛藤の原因を解決することはできません。

 

また、葛藤が続く場合は、気分転換ができないとことでヒーリングができずに心の傷が発生します。この心の傷は、気分転換では治療がされませんし、何をしても気分転換にならなくなります。
 

この場合は心の無意識がストレスと傷を治療できる能力をつける必要があります。

 

JIPオンライン治療は心と無意識の作用原理を正確に知り、日常に適用することで無意識をはたらかせて心を自ずと調節できるようになります。

 

<配偶者との葛藤、夫婦関係の葛藤>

 

夫や妻の問題で困難を覚えるケースはたくさんあります。愛したから結婚して、一緒に暮らしているうちに、夫や妻によって傷つく場合は、心では多くの苦痛を感じるようになりますが、これをきちんと治療しないと、さらに悪化していきます。

・ 結婚している夫や妻
 結婚はしていないけど、事係にいる男性や女性
・ 
人と同棲している男性や女性
 

このような方たちは、配偶者に問題が発生すると、多くの困難を覚えるようになります。

・ 夫や妻が他のの異性と不倫をしている場合
・ 
夫の仕事が行き詰まり、つらい思いをしている場合
・ 
夫が事業の失敗、または経済力がなく経済的な迫が強い場合
・ 
夫が仕事をしないまま家でごろごろしながら暮らしている場合
・ 
夫や妻が暴言と暴力を振るう場合
・ 
夫や妻が家出をして家庭を顧みない場合
 夫や妻に事情があって一に暮らせずにいる場合
・ 
夫や妻の性的虐待、態的セックスによって苦しむ場合

・ 夫や妻が自分に無関心で心が虚しく寂しいと感じる場合

他にも、夫や妻の様々な問題で困難を覚える方はたくさんいます。

配偶者の問題は、自分の思い通りになることはあまりありません。小言を言ったり、怒ったりすると、葛藤だけがより増幅されて、問題はより深刻な状態となり、本人はますます苦しくなります。また、会話をしようと試みても、相手が会話を回避したり、かえって開き直る態度に出たりして、また傷付くことになるのです。

このように、配偶者の問題と葛藤で多くの困難を覚える場合は、他のことに没頭することで、あえて配偶者のことは考えまいと努力します。また、配偶者を透明人間のように扱ったり、会話は遮断したまま、自分の思い通りに事を進める方法を取ったりもします。だからといって配偶者との葛藤がなくなったわけではありません。

・ 相手は自分のどこが悪いのかまったく自覚がまったくありません。

 どうしてあんな人を選んだのか自分自身が情けないです。

 離婚したいのはやまやまですが、子供たちのことを考えて…

 もうこのままだと一緒に暮らしていけません。

 あの人はまともな人間じゃありません。

 私に何か問題があるから相手もそうなんでしょう。私がもっと努力をします。

 今まで相手に合わせて生きてきましたが、いつまで合わせてあげないといけないんでしょうか?

 相手の顔を見るだけで怒りが込み上げてきます。

 

 

 この他にもたくさんの話をします。

 相手には確かに問題がたくさんあります。しかし、相手がわざと意識的にそうしているわけではないというのが問題です。(もちろん、意識的にそうすることもありますが、そのような場合は稀です。)相手自身も自分がなぜそのような言葉を行動をしているのか分からないので、簡単には直りません。また、自分が何か対策を立てて相手を変えたいと思ってもその方法が全く分からずに時間だけが過ぎていきます。

 このような場合は、相手の過ちがなぜ発生して、そのような状態が続いているのか原因を探して分析するのではなく、相手に変化してほしいのなら、相手が変化できるように自分自身から努力することが賢明な方法です。もちろん「今まで多くの努力をしてきた。また私が努力しなければならないのか」と反問する人がいるかも知れませんが、これまでには相手が変化できる正確な方法を使ったわけではないので、一度でも正確な方法で努力してみる必要があります。

 夫は気分に左右され、妻は感情に左右されます。夫に良い気分が持続的に生成されると、情熱が生まれて、夫自身が自ずと問題を解決していきます。また妻は良い感情が生成されると、愛と幸福の感情が生まれて妻自身が問題を解決していきます。

 

しかし問題は夫や妻が自ら変化することはとても難しいということです。なので相手を変えようするより自分が変わることが一番良い方法です。このときに他人に言われた通りに変化させるのではなく、自分と相手の心と無意識の作用原理を正確に知って正しい方向で変化させることが重要です。また心理作用に対する様々な問題を解決する方法を自分自身が探すことができるようになることも必要です。

 

夫や妻の問題で困難を覚える方。

 

JIPオンライン治療は心と心理の作用原理を正確に知り、無意識のはたらきを知ったあとで問題解決方法を探すと、問題は自ずと解決されます。心を知ると簡単に解決できる葛藤がほとんどです。心を知らなかったがゆえに今まで解決できなかっただけです。

 

<恋人との葛藤、異性関係の葛藤>


JIPオンライン治療は恋人や異性友達の問題で悩む心を解決する効果があります。それも自然に解決されます。
 

多くの方が恋人または異性友達の問題で悩んでいます。
未婚、既婚、離婚、死別を問わず、恋人または異性友達の問題で様々な困難を覚えています。

・ 
(異性の友達も人の範疇に含む)と些細なことで感情対立が頻繁に発生する場
・ 人が自分に心がない場
・ 
人が自分が嫌がることを頻繁に要求する場
・ 
人が性(態的な性係を含む)だけを要求する場合
・ 
人と別れたいのに、思うように別れられない場
・ 
人の暴言と暴力で苦しんでいる場
・ 
人の仕事が忙しく、う時間がなく寂しい場
・ 
人がお酒や友達が大好きで自分は寂しさを感じる場
・ 
関係より結婚を望んでいるが、人が結婚を先延ばしばかりしている場
・ 
既婚者の人を愛しが多い場
・ 
人の仕事がうまくいかずつらそうな恋人を見守っている場
 

他にも様々な問題で恋人や異性友達との関係において困難を覚えるケースがあります。

まず、男性と女性では、心と心理が全く異なるということを知らなければなりません
男性は気分がはたらきますが、女性は感情がはたらくことで、男女間での会話認識の違い、感情記憶の違い、心理作用の違いがあります。それで葛藤と感情対立は当然起こる現象です。相手は相手なりに考え、自分は自分なりに考えて、言葉と行動を発しているので、受け入れる側の考えとは合わない場合は、対立が起こるのです。
 

それで男と女の心と心理がどのようにはたらいているのかを正確に知らなければなりません。特に意識で考えて感じるものより、無意識のメカニズムを知ることが重要です。この無意識のメカニズムを解析して問題を解決していく過程がJIPオンライン治療教育です。

 

したがってJIPオンライン治療をすると、男と女の心と心理が作用する原理、無意識が作用する原理などを正確に知ることができ、何をどうすれば解決できるのかも自ら分かるようになります。すなわち問題を解決できる能力をつけ幸せに生きていくことができるようになるのです。

 


添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte