全商品一覧を見る

内容を見る

 

お知らせ

お知らせです。

掲示板詳細
タイトル <対象> 感情問題によって不幸に生きている方
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-05-27
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 1
  • 評点 0点


 感情の問題で不幸な現実を生きている女性と男性がたくさんいます。

 

うつ病、 躁うつ病、摂食障害、心的外傷後ストレス障害、怒り、無気力症、不眠症、対人忌避症、性忌避症などのように、数えきれない多くの感情の問題は私たちの周りでよく現れる現象ですが、これをちゃんと治療することができずに、不幸の状態が続く場合が多くあります。

特に感情問題や感情障害はよく発生する問題であるため、みんな1~2つの感情問題を抱えて生きています。これによって幸福な心ではなく不幸な心を持って生きているケースが多いのです。

・ うつ病
・激しい怒り

・無気力症

・不眠症
人忌避症

他にも、様々な感情の問題でつらく苦しい思いをしながら不幸に生きていく方がたくさんいます。

感情問題と感情障害は、心でストレスと傷が持続的にはたらくために現れる当然の現象です。心の中で持続的にはたらく場合もあり、心から体に伝わり体をとおして表現される場合(身体化現象)もあります。

感情問題と感情障害が発生すると多くの人が気分転換をしようと努力します。今現在がとてもつらく苦しいので、すぐに気分を転換させようとするからです。

 

この場合は一時的に気分転換にはなりますが、 感情問題と感情障害が発生する根本的な原因をなくすことはできません。それで、感情問題と感情障害が現れたら、気分転換をして一時的に感情問題と感情障害を解消したかのように感じますが、感情問題と感情障害は悪化されて次はより強力な気分転換を求める現象が繰り返されます。

 

こうなると、感情問題と感情障害が現われる周期が徐々に短くなって、もう気分転換による一時的な効果も期待できなくなり、日常生活に深刻な問題を誘発することになります。

 したがって、感情問題と感情障害は気分転換で解決しようとしてはいけません。ひたすら無意識の作用を利用して治療しなければなりません。無意識でポジティブ感情を持続的にはたらかせて感情問題と感情障害の治療に持続的にはたらきかけ治療することで感情問題と感情障害の根源もすべて除去(治療)することができます。

 

JIPオンライン治療教育は、心と無意識の作用原理を正確に理解し、日常生活に適用することで無意識が作用するように調節することで、感情問題と感情障害を難なく治療することができます。


添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte