全商品一覧を見る

内容を見る

 

資料室

資料室

掲示板詳細
タイトル <紹介> 既存の心理理論は数多くある心理の一部分を研究したものである。
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-06-01
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 1
  • 評点 0点


人の心は意識と無意識で構成されています。 そして無意識は習慣と心エネルギーで構成されています。

意識と無意識は、ほとんどの人が知るものですが、心エネルギーの作用について知る人はいないでしょう。

現存するすべての心理理論は、そのほとんどが意識と習慣に対する心理理論であり、人間心理の一部分を研究したものです。また、無意識を語り、無意識の理論を語る人たちはいますが、無意識について正確に知らずに中途半端な知識だけで活躍している人がとても多くいます。既存のすべての心理理論は、心の一部だけを研究した心理理論であり、これを基に開発された心理治療技法および心理教育には深刻な問題があります。それゆえに心理カウンセリングや治療カウンセリングでも傷が治療されないケースが多いのです。

これまでに人間心理の大部分を占める無意識の作用原理を解釈した心理理論がなかったため、従来の心理カウンセリングでは怒り治療と傷治療および心理治療が難しく、多くのカウセリング理論と心理理論が開発されても治療の確率は非常に低かったのです。

日本心理教育院で開発した「こころ理論」と「性こころ理論」は、人間の心の大部分を占めている無意識の心エネルギーが作用する原理を理論的に解釈して体系化したものであり、これに基づいてJIPオンライン治療教育を開発しました。そのため、心理問題、心理障害、不倫問題(怒り治療、傷治療)、性心理障害、性機能障害、異常心理、依存症などを短期間で難なく治療することができました。「こころ理論」と「性こころ理論」をとおして人間の心と心理を正確に知り、相互作用原理を知り、喜怒哀楽の感情がどのように発生するのかなどを明快に知ることができます。 これがJIPオンライン治療教育です。

意識では知ることができなかった無意識の作用を知り、JIPオンライン治療教育の過程で無意識の作用である習慣を作り、人間の心理作用を分析することができるようになります。

ただ既存のカウンセリング理論や心理理論の知識がたくさんある人は治療により時間と努力がかかります。 これは今までJIPオンライン治療教育を受けた方々に共通して見られる特徴でした。意識と習慣で構成された既存のカウンセリング理論と心理理論の知識では、「こころ理論」を解釈することができないため既存の心理理論とカウンセリング理論の知識はしばらく忘れてこそ「こころ理論」が解釈できるからです。


添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte