全商品一覧を見る

内容を見る

 

資料室

資料室

掲示板詳細
タイトル <紹介> JIPオンライン治療は自分自身を知っていく過程。
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-06-01
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 2
  • 評点 0点



他人または特定状況によって自分が傷ついた時は相手が過ちを犯したと考えます。

そしてそれによる傷で苦痛を感じてはいるものの、自分の内面の自己と強迫、怒りと傷、心理問題などについて知ろうとし、これを解決しようと努力する人もたくさんいます。このような人たちは、相手によって自分がどんな傷を受け、その傷が内面の自己と無意識、強迫とどのようなつながりがあって心理的苦痛を感じるのかを知りたい知的好奇心と情熱がとても強い人たちです。

 治療されない傷は確かに不幸を招きます。だからといってすでに発生した過去を変えることはできません。この時に多くの人が苦痛を感じながら相手を恨み、傷を表現し、心理カウンセリングを受けたり、精神科治療を受ける場合もあり、忘れる努力をしながらあきらめる場合もあり、他人に被害を与える行動を取る場合もあります。そしてこのように発生した心理問題と傷は、ややもすると最悪の事態を招く可能性もあります。

 しかし「危機こそチャンス」という言葉があります。 
 この言葉は心理問題によって危機を経験しても、これを機に自分の幸福を見つける機会に活かすことができ、より成熟した自己意識を持つチャンスにもなれます。このように自分が望んでいるものが何であれそれを叶えられる貴重な機会として活かすこともできるのです。このように危機をチャンスに変える人たちの特徴を見ますと、自己意識がはっきりしています。

 問題の是非、または傷の是非の問題を論じる前に、自己を正確に知る機会として活かし、自分の問題と強迫、性格の問題、心理の傷、そして多様な自分の内面を見つける努力をすることで、危機を幸福に変えられます。

 この時に自分の幸福に関するすべての選択と決定はしばらく保留して、唯一自分の内面について知ろうと努力をすると、自分自身について正確に知ることができ、心理問題をどのように解決して、これからどうすれば幸せになれるのかが分かるようになります。つまり、自分の幸福に向け揺るぎない人生を送ることができるようになり、他人に振り回されない人生を送れるようになるのです。

JIPオンライン治療は、このように自らが自尊感情を回復させ傷を治療し、心理治療をしたあと幸福能力をつくるため、自分自身ついて知っていく過程であり、自分について悟る過程だと言えます。

添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte