全商品一覧を見る

内容を見る

 

お知らせ

お知らせです。

掲示板詳細
タイトル 【夫婦相談】夫婦問題で心が苦しくつらいご夫婦は「夫婦相談」をお申込みください。
作成者 JIP治療センター (ip:)
  • 作成日 2022-07-11
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 25
  • 評点 0点

 

まず「こころ相談」とは、「女性相談、男性相談、夫婦相談、子供相談、不倫相談、性相談、その他日本心理教育院(JIP)で行うすべての相談」を指します。こころ相談は心理カウンセリングとは全く異なるものです。

夫婦として結婚生活を送っていると、様々な問題によって苦しくなったり困難を覚える場合が非常に多くあります。男女関係の問題に限らず、夫婦問題、セックス問題、子供問題、家族問題、夫と妻とつながっている人間関係の問題、価値問題など、多様な問題がいつでも発生する可能性があるためです。

JIPの夫婦相談はこころの苦しさや困難を経験しているご夫婦であれば、心理カウンセリングや他の解決方法を探す前に一度だけでもお受けになることを勧めています。

JIPの夫婦相談は「夫と妻が一緒に自ら夫婦問題の原因と過程を分析し、自ら治療または解決の方法を探せるようにする「心のメカニズム」をお伝えするための相談であり、既存の心理カウンセリングとは異なるものです。そのためラポール(共感)形成、過去の分析、心理検査、心理知識などが全く必要ありませんので、夫婦間の境遇や事情を話さなければならない負担がほぼありません。

<夫婦相談の対象>
・ 恋愛中のカップル
・ 予備夫婦(結婚を控えているカップル)
・ 同棲を準備したり、同棲しているカップル
* 不倫問題、セックス問題、愛情問題、経済&財産問題、葛藤、家族問題、家事&養育問題、虐待&暴力問題、その他の問題など

夫婦相談は必ず2人が一緒にすることが原則です。もし、夫(男性)または妻(女性)が一人でのこころ相談を希望する場合は、夫(男性)の場合は「男性相談」を、妻(女性)の場合は「女性相談」をお申込みください。また子供の問題の場合は「子供相談」をお申込みください。

ご夫婦が一緒に問題を解決し、健康で幸せなカップルとして共に未来をつくることを希望する場合、下記の夫婦相談申込様式に沿ってご作成の上、jip@jip.acまでにお送りください。

<夫婦相談の申込み様式>
1.夫婦相談の申込者
 1) 氏名(ペンネーム):
 2) メールアドレス:
 3) お住みの国&地域:
 4) 性別:
 5) 年齢(本人と配偶者):
 6) 身長と体重(本人と配偶者):
 7) 外見と性格(本人と配偶者):

 8) その他の特殊事項:
 

2.夫婦相談の方法
 1) 夫婦相談は通常ビデオミーティングで行います。直接対面を希望する方はお知らせください。

  (ビデオミーティングはZOOMを利用します。)
 2) 希望する夫婦相談の日時3つ以上:
 (火、木、金 午前11時~午後3時から3つ以上選択)
3.夫婦相談の内容/お問い合わせ/質問:

上記の申込書を作成し、jip@jip.acまでにメールをお送りいただきますと、3日以内に返信をいたします。3日以内に返信が届かない場合は、一度「迷惑メールボックス」をご確認ください。夫婦相談は1時間当たり22000円の費用が発生します。

もう一度申し上げますが、夫婦相談は「お二人の過去の境遇などを分析するものではなく、心理検査も行いません。また心理知識またはカウンセリング知識が必要なく、ラポール(共感)を形成するものでもありません。ご夫婦が一緒に自らのすべての問題を分析して原因を探し、治療&解決の方法が分かるように依頼者夫婦に該当する「心のメカニズム」を説明するための相談です。
 

JIPの夫婦相談1回は通常の心理カウンセリングの10回を受けるよりも効果があります。直接夫婦相談を経験した方は、既存の心理カウンセリングとの違いに気付くことができ、既存の心理カウンセリングの問題点も分析できるようになります。

特にJIPこころ治療、女性力アカデミー、男性セックスセラピー、マザーセラピー、ファーザーセラピー、人生コンサルティング、その他のプルグラムを選択する前に一度こころ相談(女性相談、男性相談、夫婦相談、子供相談)をお受けになった後で決定されることをお勧めします。
 

ありがとうございます。


添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte