全商品一覧を見る

内容を見る

 

治療体験談

JIP心理障害2型治療過程にいる方々のご感想、ご意見、体験事例です。

掲示板詳細
タイトル 選択ではない必須
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-12-01
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 5
  • 評点 0点

 


課題が蔑ろになって

自分点検の必要さを感じてこれを書くことにしました。

 

外傷トラウマが発生してから苦痛と不安の中で先生のユーチューブを見ました。

見たときは一時的に心が楽になりましたが、外傷トラウマの作用は止まらずに

異常性欲を感じてこのままだと私が危険な目に遭うかもと

治療を決心しました。

治療までに長い時間を費やさずに、あれこれと対処をしなかったことは不幸中の幸いでした。

治療費用を聞いて驚きましたが、いくら高額でも私の苦痛の大きさとは比べられるものではありませんでした。幸福はともかくこの苦痛から抜け出したい、生きたいの一心でした。

 

それで治療は選択ではなく私には必須でした。そのようにして韓国行きを決め、飛行機の中で涙が止まりませんでした。しかし教育を終えて帰りの飛行機では私の心が違っていました。そして治療過程に集中ながら正常に息ができるようになると、幸福についても考えられるようになって、

私に褒めてあげたいことは、傷を他人と共有しなかったこと、早く治療を決めたことです。以前知人が外傷トラウマによっていつも私に外傷トラウマによる話をしていたことが嫌だったことも思い出して、自分の話を他人にすることは人生失敗を認めているようで私は他人に話したくはありませんでした。

 

我慢することが解決法ではありまえんが、私によって他人に傷が共有されなかったことは幸いでした。

 

その知人は先生がおっしゃる通りに人生が崩れていきました。その姿を見て自分はあんな人生を生きたくないと思ったのもはやく治療を決めた理由かも知れません。治療が進むにつれ自尊感情が高まり自分の大切さも感じるようになりました。

 

そしてたまに自問してみます。「治療をはじめていなかったなら果たして私は関係依存の彼らと違う人生を生きているのだろうか」

 

私に必要なときに治療ができる治療法が存在することに感謝するばかりです。この文を読まれている方は、自分が望むものがあり、望むものを探すためだと思います。私も経験者です。

 

まだ希望を諦めていないという意味でもあると思います。皆さんにも治療は選択ではなく必須になって自分の幸福を感じられるようになることを願います。私は今も治療過程中にいて心はだいぶ安定されていますが、目的地まで完走するために努力を続けるつもりです。

 



添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
  • JIP心理障害2型治療センター 2021-12-01 0点 修正 削除 댓글

    スパムコメント 今のその気持ちを忘れずに、完治されるまですべての治療課題に集中するようにしてください。完治されるまで傷の治療と傷の再発は繰り返されますので、決して初心を忘れてはなりません。

    外傷トラウマの治療には通常3か月くらいかかり、それ以降は傷の再発と治療を繰り返しながら心が徐々に安定されていきます。すると治療課題をしなくなってり、治療を中断する人もいます。治療課題は、治療後の再発する傷を治療して、「こころ教育」の内容が自分の習慣として定着するまでに(幸福能力)は1年~3年がかかります。もちろん本人の努力如何によって期間に個人差はあります。

    完治まで一番重要なことは初心を忘れずに努力を継続することです。頑張ってください。

スパム登録 スパム解除

コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte

コメント入力

コメント入力名前パスワード管理者回答表示

確認

/ byte

* 文字の前後に余分なスペースを空けないようにして入力してください。大文字・小文字を区別する。

管理者のみ、コメントの作成権限があります。