全商品一覧を見る

内容を見る

 

資料室

資料室

掲示板詳細
タイトル <紹介> JIPオンライン治療は幸福習慣を作る。
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-06-01
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 1
  • 評点 0点




人々はJIPオンライン治療教育を受ける時、常に自分が置かれている境遇と過去を代入して、自分と合わない場合はJIPオンライン治療が自分には合わないものだと判断します。これは今までに知識教育に慣れて、JIPオンライン治療教育の内容を理解して記憶して学習しようとする習慣があるために現れる現象です。

JIPオンライン治療は、無意識の習慣を新たに調整して、心理障害で発生する怒りと傷を治療して心理障害を治療することで、記憶の中に保存されている傷の感情を治療することに重点が置かれた教育です。また、無意識で周囲の人々に適用し、確認する過程をとおして無意識の習慣として定着させます。

JIPオンライン治療は、自尊感情の回復、傷治療、心理障害の治療、幸福能力づくりの果を高めるために、教える知識育ではなくえる育を行っています。

 これまでに多くの心理理論と心理教育がありましたが、それを適用した際、心理障害による怒りと傷で心を痛める人々の立場からすれば、自分がどうして痛むのか、何を望んでいるのか、どうしてカウンセリングとセミナーを受けるようになったのか、自分のどこが間違っていて、どこが間違った生き方だったのかについて知りたがっています。


皆さんは慰めを受けるために心理カウンセリングを受けようとしているのではないはずです。相手が頭では皆さんの痛みを分かって理解はできても、他者に実際にみなさんの痛む感情を感じることができないのは当然のことです。しかし、共感して慰め励すことでは、心理障害の原因、過程、結果は全く分からないまま、怒りと傷を治療することができず、心理障害の治療も難しくなります。

また、自分自身が傷と苦痛で心を痛めた経験がある専門家の場合、依頼者の痛む感情が専門家自身の傷としてはたらき、専門家自身が感情をコントロールできない誤謬が起こる場合があるなど、専門家自身も自分も知らずに感情調節ができなくなって、依頼者の怒りと傷を治療することができなくなります。

もちろん専門家になるための臨床修練過程で、自分の感情移入を統制できる技法を学びますが、本人が知識教育として認識して知識として理解して記憶しているためにこれは防げない現象であります。

つまり、このような専門家は人間の心と心理がはたらく原理は勉強したものの、知識としてのみ記憶しているために、自分の無意識のはたらきは統制できずに、依頼者の感情に巻き込まれることで、怒りと傷を治療できなくなるのです。

心と心理がはたらく原理は知識で勉強するのではありません。
 

JIPオンライン治療は、勉強と学習をする知識教育ではなく、無意識をはたらかせる画期的なこころの教育です。

人間は誰もが幸福を追求して、自己実現を追求します。
 そしてその幸福を見つけるのは、各自の役目です。


治療方法はないとあきらめて、うつ病、躁うつ病、心理障害、誇大妄想や精神分裂症などにとらわれて生きることも、その人自身の役目です。にもかかわらず、きっとどこかに治療法があるはずだと、絶えず自分の幸福を探して努力している人だけが、そのカギを見つけることができます。それが人生というものです。

JIPオンライン治療は、各自が持っている幸福のカギを見つけられるように心と心理がはたらく原理をえ、人間係の過程と結果のすべてをえることで、自尊感情を回復し、傷を自分で治療できるようにします。

このように心理問題で苦しむ皆さんが心を安定させ、幸福に導くものがJIPオンライン治療です。傷治療と心理治療および幸福能力をつける統合的な治療技法がJIPオンライン治療なのです。


添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte