全商品一覧を見る

内容を見る

 

資料室

資料室

掲示板詳細
タイトル <紹介> JIPオンライン治療に含まれる教育動画「こころ教育」の実体
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-06-01
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 4
  • 評点 0点




皆さんはJIPオンライン治療で受ける「こころ教育」の実体を知っていますか?

オンライン治療の核心は、1)こころ教育、2)治療課題、3)治療過程の点検、4)関連資料の学習などが総合的に行われることで、傷治療、心理治療、幸福能力及びストレスと傷の予防法を自分で養うようにしています。つまり、自己治療法を自分の身につけることであり、自己治療法でなければ、傷治療と心理治療は不可能で、予防も実質不可能です。したがってこの4つの中で一つでも欠けていると治療は不可能です。

これを可能にする「こころ教育」の実体を正確に知る方は今までにいませんでした。

「こころ教育」とは、人間の心と心理がはたらく原理を伝える教育です。

皆さんは目と耳をふさぎ、匂いと味だけに頼って道を歩いていると想像してみてください。

 いばらの道に出くわした時、高い山に塞がれた道に出くわした時、崖に出くわした時に、目と耳をふさいでいるとどうなると思いますか?その先の実体が分からないので、自分の匂いと味には問題ないと、それだけを頼りにそのまま直進しますか?あるいは誰かが自分を助けてくれるだろうと待ちますか?

 
人生は自分が生きる自分の人生であって、誰かが介入することはできませんし、唯一自分の選択と決定によって生きるものです。したがって、皆さん自身が目と耳を開けなければ、見ることも聞くこともできません。

「こころ教育」は、まさに皆さんが人生を歩む時の目と耳を目覚めさせる教育です。人生の道を直接に見て聞いて、自らの道を探していけるようにする教育だと言えます。したがってこころ教育は、ああしろこうしろと言う知識教育ではなく、原理を伝えて自分で判断して決定できるようにする教育なのです。

これまでに心がはたらく原理を知らずに生きてきた人生は仕方がありませんでした。運良く順調な道を歩んできた方もいるでしょうが、いばらの道、高山にふさがれた道、先に崖がある道など大変険しい道を歩んできた方もたくさんおられます。これは目隠しをして耳をふさいで歩んできたからであります。

今からでも人生という道を歩む時、目を開けて耳を開いて正しく幸せな道を歩むようにしなければなりません。こころ教育がその役割をします。目と耳を開けて見た時に、今自分が進んでいる道がいばらの道、高山の道、崖の道などの険しい道だということが正確に分かれば、自ずと自分が方向を修正して進むべき正しい道を見つけ、再び幸福に向けての道を歩むことができるようになります。

皆さんはいつまで目しをして耳をふさいだまま、自分の道だと確信を持って進むのでしょうか?


大変な難関に直面した時に、いくら叫んで助けを求めても皆さんの人生の正しい道を見つけてはくれる人はいません。人間はみんな自分だけが自分の人生の道を歩むようにできているからです。
 

こころ教育は、カウンセリング、コーチング、助言、宗教などのように皆さんの人生を導くものではありません。こころ教育は、皆さん自らが人生を歩む目を開けて、耳を開いて健康で幸福に生きていける方法をお伝えする教育です。皆さん自らが幸福の道を見つけ出せるようにする教育です。
 

 この「こころ教育」をいかに早く自分のものにするのかがカギだと言えます。

「こころ教育」を勉強する期間は最短で5週間かかります。

 

選択は皆さん自身がするものです。



 


添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte