全商品一覧を見る

内容を見る

 

FAQ

よくあるご質問です。

掲示板詳細
タイトル <よくあるご質問> オンライン治療で完璧に治療することが可能ですか?
作成者 JIP心理障害2型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-03-25
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 8
  • 評点 0点



どのような治療技法であれ、完璧に心理障害を治療できると豪語することはできません。 


特に心理問題とは異なり、心理障害の治療の場合は、時間や費用、努力が必要です。いくら正確な治療法だとしても、自分の心理障害のタイプ(タイプごとに費用が異なるので注意が必要)を正確に知って選択する必要があり、治療期間が要され、ご自身の努力がなければ治療は難しいです。 


オンライン治療は①治療教育、②治療課題、③治療過程の点検、④関連資料の学習の4つで構成されているため、どれか一つでも欠けていたり努力を怠ると、治療は難しく期間も長くかかります。 


それぞれのタイプ別オンライン治療は、日本心理教育院が独自で開発した「こころ理論」と「性こころ理論」に基づいた治療技法と教育技法を適用しています。従来の心理カウンセリング、治療カウンセリング、不倫・浮気カウンセリング、夫婦カウンセリング、家族カウンセリング、性カウンセリングなどとは全く異なる治療教育技法を開発し、従来のどのような方法より高い治療率を自負しています。また、オンライン治療をとおして傷治療、心理治療及び幸福能力を身に付けるための費用や時間、努力を最小限に抑えることができます。 


また、タイプ別オンライン治療を選択したときに、自尊感情はほぼ100%回復することができ、傷も95%以上治療することができます。また、幸福能力を身につけることもほぼ100%可能です。

 

ただ、自尊感情を回復し、傷や心理を治療した後、幸福能力が身についたとしても、自分の幸福方向によって幸不幸が決まるため、うかつに完治を確信することはできません。だからこそ、完治するまで治療過程の点検を続けているのです。 


皆さんご自身が傷を治療し、心理を治療し、幸せに生きるという意志を持って、オンライン治療の方法通りに継続的に努力すれば、優れた効果があり治療して幸福を手に入れる期間を短縮することができます。 


傷や心理の完璧な治療を希望するなら、治療に対する意志を持って、オンライン治療の治療過程に沿って努力を続けるのが最も良い方法です。 


何の努力もせず、オンライン治療がすべてを解決してくれるだろうと安易に考えることは、むしろ治療を難しくし状態を悪化させる結果をもたらします。 


他の人が自分を幸せにしてくれると考えることは、むしろ傷を拡大させ心理治療をできなくする原因になります。自分の幸福な人生のために治療するという強い決意(意志)を持って努力することが最も重要です。


添付ファイル
パスワード *修正および削除の場合、パスワードを入力してください。
管理者投稿 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte